投票率をあげるためのテレビ番組

スウェーデンの国会選挙の投票率は84%以上(2010年)ですがEU議会の選挙になると低いです。前回の2009年は45%程度でした。ですからEU選挙の場合、スウェーデンも日本と同様、どうやって投票率をあげるかという悩みがあります。

そこでスウェーデンテレビが投票率をあげる目的で3回シリーズの番組を作っています。その1回目の番組をみてみました。(ネットで見ることができ、日本でも見られます。)

番組の主役はラジオやテレビの番組ホストやコメディアンとして知られているKodjo Akolor (コジョ・アコロー)さんです。

kodjoskvalklipp1_992

コジョさんは、スウェーデンに移住したガーナ出身のカップルの息子としてスウェーデンで育ちました。国籍はスウェーデンだし、スウェーデン語ももちろん完璧です。

コジョさんはヨーロッパ各地に取材に出かけ、専門家やEUの議員に取材します。1回目のテーマは温暖化、遺伝子組み換え食品、将来の食料不足です。

温暖化の取材では研究者と一緒に、溶けかけているアルプスの氷河までのぼります。そこで、氷河が溶けるスピードにブレーキをかけるために、観光業者が氷河の上に大きなフリースの毛布を敷いているというびっくりするような事情を紹介します。ドイツの原発廃止政策やスウェーデン国有電力会社の石炭採掘なども取り上げます。

次に食料生産の問題を追って、遺伝子組み換え食品の開発者を訪問したり、新しいタンパク源として期待される虫の養殖施設を見学したり、いなごピザを焼いたり、食べたりします。その合間に何回もスウェーデンのいろいろな政党のEU議員をインタビューします。

最後に、インタビューした議員全員に「いなごはいかが」と試食を提案して、ほとんど全員がいなごをかじることになります。

なかなか面白く、おすすめできる番組です。

ちなみに、先日、選挙カーの事例として高野山の写真を使いました。高野町の町長選挙の投票率はスウェーデン並の85%でした。

This entry was posted in EU, 選挙, 投票率, 欧州議会 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 投票率をあげるためのテレビ番組

  1. Pingback: 投票率が5%あがった | スウェーデンの選挙と民主主義 2014年

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s