ウプサラ市も政権交代

9月14日の国政選挙と同時に、スウェーデンのすべての市議会選挙も行われました。私が住むウプサラ市では、社会民主党、環境党、左党(S+MP+V)が以前の4党連立(M+C+FP+KD)よりも多くの支持を得て、国政と似たように政権交代の見通しになりました。表のグレーは4年前の選挙結果です。各政党の日本語名はこのリストを参考にしてください。

SlutligtvalresultatUppsalakommunfullmaktige2014

投票日の次の日、ウプサラの広場を見に行きました。選挙に成功して元気になったのか、社会民主党の選挙小屋はすでに撤去され、左党、環境党も解体されていました。向こうには、負けた連立政権の小屋がまだたっていました。

GE DIGITAL CAMERA

投票日は政界の転機です。互いに対立し、不確実な将来に向かって頑張った現職政治家や立候補者は、次の日からは新しい現実を受け入れ、新しい形になった互いの力関係を認めた上で仕事に戻ったり、新しい仕事を始めたりします。一部の政治家は敗北を機会に政界を離れます。何かが壊れ、何か新しいのが生まれます。

投票日の前の日に行われたウプサラ文化祭Kulturnattenのある会場で、投票日の前夜にふさわしいと感じるシーンを見ました。大型の金属性廃棄物が回収されるスクラップ置き場が文化祭の会場の一つになっていました。この一日に限って、スクラップの中に子どもの遊び場、画廊、舞台、カフェなどがありました。日が暮れると、大型クレーンが「踊る」というフィナーレがあって、そして最後に、一日使われた舞台の解体。

次の日の夜に、8年間の連立政権をリードしてきたラインフェルト首相が、支持が大幅に下がったという選挙の結果をみて、テレビの生放送中に辞任を表明しました。

This entry was posted in 選挙, Uppsala, 政党, 政治 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s