Monthly Archives: October 2014

スウェーデン首相の住まい

新しくスウェーデンの首相になったステファン・ロヴェーンさんはこれからどこに住むのでしょうか。実は、1986年に暗殺されたオロフ・パルメ首相の時代までは、特別な首相公邸はありませんでした。暗殺事件の後は、安全面をよくして首相を守るために国が初めて首相公邸を用意することになりました。国は、外務省の裏にあるSagerska Huset という豪華な個人宅だった建物を1989年に買って改築しました。1995年以来、首相公邸として使われています。 首相が住むのはこの黄色い建物の上の部分です。右の建物は外務省です。 スウェーデンのAftonbladet新聞が最近、「ロヴェーンさん。これはあなたの新しい家だよ」という記事で、中の間取りを、ロヴェーンさんが現在住んでいるアパートの間取りとともに図で紹介しています。奥さんと2人で住む公邸は今までのアパートの2倍以上の広さになるそうです。 選挙でライバルだった前首相が使っていた住宅に引っ越しするのはどんな気持ちでしょうか。

Posted in 社会民主党, 首相, 政治 | Tagged , , , , | Leave a comment

環境党が初めて入閣

スウェーデンの国会は、新しい首相を選出するプロセスを予定通りに進めて総選挙で第1党になった社会民主党の党首ステファン・ロヴェーン(Stefan Löfven)さんが首相になりました。ラペルに付けているバッジは社民党の赤いバラです。 Photo: Magnus Länje 社民党は環境党と組んで38%だけの得票率で内閣を組むことになったので弱い少数派内閣ですが、環境の視点から政治をフォローしてきた私にとっての面白いニュースは環境党の初めての入閣です。 10月3日、ロヴェーン首相が新しい内閣を紹介すると、副首相を含む6人の閣僚が環境党出身でした。これはその新米閣僚たちです。 スウェーデンでは、新しい内閣ができるとこのように国会の前で写真を取ることになっています。閣僚の半分が女性ですがそれははじめてのことではありません。 Photo:Martina Huber/Regeringskansliet ことし9月に発足した安倍改造内閣は女性が通常より多く入閣しました。 公式の写真を見ると、女性閣僚は首相を飾るかのように首相の周りに立っているように見えませんか。 スウェーデンの内閣府のホームページを見ると面白いことに気付きました。大臣を紹介するページでの順番はランクではなく、下の名前のアルファベット順に並んでいます。その結果、副首相のオーサ・ロムソン(Åsa Romson)さんは最後になっています。Åはスウェーデン語の特殊な文字でアルファベットのほぼ最後に来ます。 首相だけはアルファベット順と関係なく最初に来ます。スウェーデンは人々の平等を強調してあまりランクを気にしない国ですからスウェーデンらしいと思いました。

Posted in 環境党, 社会民主党, 選挙, 首相, Uncategorized, 内閣, 国会 | Tagged , , , , | Leave a comment