スウェーデン首相の住まい

新しくスウェーデンの首相になったステファン・ロヴェーンさんはこれからどこに住むのでしょうか。実は、1986年に暗殺されたオロフ・パルメ首相の時代までは、特別な首相公邸はありませんでした。暗殺事件の後は、安全面をよくして首相を守るために国が初めて首相公邸を用意することになりました。国は、外務省の裏にあるSagerska Huset という豪華な個人宅だった建物を1989年に買って改築しました。1995年以来、首相公邸として使われています。

Sagerska_huset_2012_-_h_(crop)首相が住むのはこの黄色い建物の上の部分です。右の建物は外務省です。

スウェーデンのAftonbladet新聞が最近、「ロヴェーンさん。これはあなたの新しい家だよ」という記事で、中の間取りを、ロヴェーンさんが現在住んでいるアパートの間取りとともに図で紹介しています。奥さんと2人で住む公邸は今までのアパートの2倍以上の広さになるそうです。

選挙でライバルだった前首相が使っていた住宅に引っ越しするのはどんな気持ちでしょうか。

This entry was posted in 社会民主党, 首相, 政治 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s