やり直し選挙の資金はどこから

来年3月22日、異例の再選挙の予定になりましたが各政党は突然のやり直しに使えるお金はあるのでしょうか。今年は春のEU選挙と秋の総選挙のダブル選挙があったので厳しいでしょう。一番貯金が残っているのはそれぞれ新聞を売った、中央党とスウェーデン民主党だそうです。国も突然の出費になります。選挙はいくらぐらいのお金がかかるのでしょうか。

経済新聞DIによると、国の選挙管理機関が9月の総選挙(自治体、県議会を含む)に使ったお金は1億1200万クローネ(17億8500万円)でした。その前のEU選挙は7000万クローネ(11億1200万円)でした。同機関は、来年の特別選挙は国政選挙だけですので、その間ぐらいの費用がかかるだろうと推測しています。

政党は、全党合わせて9月の選挙に使ったお金は約 3億3500万クローネ(53億3800万円)。その1億7000万クローネ(20億7000万円)は国が国会に議席ある各政党に対して出している政治活動資金でした。

政党の活動資金は何に使われるのでしょうか。日本であまり見ない3つの事例を紹介します。

一般広告。これはストックホルム中央駅で中央党が広告スペースを買って選挙ポスターを張っています。

GE DIGITAL CAMERA

有権者に配る小物。これは駅で通勤ラッシュの時間帯に保守党が配っていた紙袋です、。中にはリンゴと投票用紙が入っていました。

GE DIGITAL CAMERA

いろいろな言葉でのパンフレット。これは社民党が移民が多い地域で配っていたものです。写真は9月の選挙の時に取りました。スウェーデンに3年間住んでいる外国人は、地方選挙の参政権があるからです。今回の特別選挙は外国人が投票権のない国政選挙だけですからこのようなパンフレットがないかもしれません。

GE DIGITAL CAMERA

 

This entry was posted in 社会民主党, 選挙, 国会, 外国人参政権, 政党, 政治 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s