移民がいなければスウェーデン社会は壊れる

今日、認知症の父が住んでいる介護施設がアレンジした、家族も参加できるクリスマスイベントに参加しました。お年寄り全員が広い部屋に集まって音楽を聞いていました。大半はスウェーデンで生まれ育ったんだろうと思うような人です。となりのキッチンでクリスマスのお菓子やコーヒーや飲み物を準備していた職員たちは、どこか外国の背景のありそうな人たちが多かったです。

これはスウェーデンの現状です。いろいろな国から来た人たちが父の世代のお年寄りの介護をしています。かれらが施設に住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんにスウェーデンの伝統的なお菓子を食べたり、スウェーデン的なクリスマスの歌を聞いたりする機会を提供しています。

GE DIGITAL CAMERA

この秋の選挙で13%の支持でとても伸びたスウェーデン民主党は移民の受け入れを少なくすることだけではなく、いろいろな差別的な政策を推進しています。しかし現実は、外国の背景をもった人たちがいなければ今のスウェーデン社会はなりたちません。かれらを抜けば壊れてしまいます。

いなければ、だれがお年寄りの世話をするのでしょうか。共稼ぎのスウェーデンでは男女とも働いています。一家庭を維持するのに2人の収入の必要です。それはスウェーデンの当たり前です。

オフィスの掃除、病院、ホームヘルパー、各種レストラン、タクシー、市バス ー 移民がよく働いている分野です。私は、父の介護、母のホームヘルパーをしてくれる人たちがいるというのは、とてもありがたいことだと思っています。自分はそのおかげで自由に仕事ができて、稼いで、自立した生活ができます。日本も多くの女性が望むことでしょう。

3月22日の特別選挙は、移民政策の議論が中心になりそうですが、町中のキャンペーンは、通りかかる人に暖かいコーヒーを無料提供したりして、ささやかなかたちで始まっています。

GE DIGITAL CAMERA

This entry was posted in スウェーデン, 移民, 選挙, 政党, 政治 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s