「民主主義大使」とは?

Uppsalademokratiambassadörer2018

ウプサラ市の「民主主義大使」

スウェーデンの投票率は高いですが、それでも不十分だと思う人がたくさんいます。特に、地域と地域の間に投票率の大きな差があります。自分が住んでいるウプサラ市はそのギャップを少しでも縮めようと、今回の選挙で「民主主義大使」を導入しています。民主主義大使の役割は、投票率の低いグループを主な対象に、投票権や投票の仕方について教えたり、投票を前向きに進めることです。

4年前の総選挙の投票率はどうだったか、確認しました。まず、各地域で同時に行われる選挙が三つあります。国会、県と市です。2014年の国会選挙の全国平均の投票率は85.81%でした。ウプサラ市の国会選挙においての投票率は88.16%で、全国よりも高かったです。しかしウプサラ市の中の選挙区をより細かく見ると一番高い選挙区は94.90%、一番低い選挙区は63.88%で、30%以上の差があります。

ウプサラ市議会選挙の投票率を見ると、市全体は85,18%でした。この場合、投票できるのはスウェーデン国籍の人だけではないく、スウェーデンに3年間住んでいる外国人も投票できます。そのため、市で投票権があったのは,国会選挙にくらべて6676人多かったです。市の選挙では投票率の一番高い地域は93.77で、一番低い地域は57.67%だったので、36%ほどの違いがあったのです。

demokratiambassadörpågågatan今回のウプサラ市の投票プロジェクトはこの差を3%縮めようとの目標をたてています。6週間の期間で約20人の民主主義大使がパートタイムの仕事として、町の広場、市立図書館、イベントの会場などで投票について情報提供をします。

自分も民主主義大使の1人とした採用され、いろいろな人に声をかけてみました。国籍がなくても、3年間住んでいれば市と県の選挙で投票権があることを知らない人に出会ったりしました。スウェーデン語の理解がまだ不十分な市民のために、国の選挙管理機関が30カ国の言葉での投票案内を作っています。

 

This entry was posted in ウプサラ, スウェーデン, 選挙, Uncategorized, Uppsala, 国会, 投票, 投票率, 民主主義, 住民参加 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s