Monthly Archives: April 2020

コロナ危機とスウェーデンの憲法

スウェーデンのコロナ対策が国際メディアで注目されています。各国が次々とロックダウンを決める中、スウェーデンは外出の禁止をしていません。なぜでしょう。 実は、国内を自由に移動することは憲法で保護されている市民の権利です。政府は市民を家に閉じ込める政策を簡単に取ることできません。スウェーデンの憲法は日本と違って、4つの文書で構成されています。その1つは「Regeringsformen」と言います。英語ではInstrument of Government と言いますが、国の統治に関する文書です。この文書はほかの国の憲法に一番似ているそうです。ほかの三つの文書は王位継承、出版の自由、表現の自由に関するものです。 統治に関する「Regeringsformen」第2章には基本的な自由と権利について書かれています。その第8条には移動の自由について書かれています。「スウェーデン国籍をもった市民は、国内を自由に移動する権利、また、国を出る権利が保証されます。」 しかし、自由に移動する権利は法律によって制限できるとも書いてあります。 その場合、明確な目的をもって、自由な世論形成の障害にならない、民主主義社会の枠内にとどまるという限られたかたちの制限しかできません(第2章第20条、第21条)。 強制的なロックダウンの代り、スウェーデンの政府や公的機関は個々の自己責任に訴えています。スウェーデンは徹底的な個人主義の社会です。日常的にも自己責任がよく強調されます。今は交流を押さえるよう、人と人の間に距離をおくよう、70才以上の人は家庭以外の人と一切接触しないよう、などの指示をしています。スウェーデンらしいやり方だと思います。 政府はこの中で外に行かないようと言っていません。逆に運動するのが健康によい、自然に触れるのもよいから、是非、人と人の距離を維持しながら出かけてくださいと言っています。スウェーデンは都会でも、公園や自然が割と近いです。 市民を閉じ込めれば、皆の運動が少なくなります。国民の健康に悪影響が出ます。精神面にも悪い影響があります。孤独や家庭内暴力が増える恐れもあります。スウェーデンは比較的に低い人口密度とたくさんの自然に恵まれています。そのためにほかの国と違った対策が取れるし、スウェーデンの特徴の1つだと思います。 自分は、仕事もミーティングも全部延期になっているから旅行したり、出かけたりする理由も今ほとんどないです。ウプサラ(Uppsala)の自宅は自然や公園に近い、そして今は春が来ています。コロナ危機の今も毎日自由に散歩できるのがとてもありがたいです。

Posted in ウプサラ, コロナ, スウェーデン, 野外活動, Uncategorized, Uppsala, 民主主義, 人権 | Tagged , , , | 1 Comment