福島原発事故から10年

2011年3 月11日の福島第一原発の事故から10年立ちました。コロナ禍ということで日本のオンラインイベントに参加できました。3月10日は自然エネルギー財団の国際シンポジウム「REvision2021-3.11から10年ー新しいエネルギーの未来を目指す」、3月11日は原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)が主催した市民社会による「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~」に参加できました。日本時間午前10時から始まったイベントはスウェーデン時間夜中2時から始まっていました。早起きして見ていましたが両イベントは多くの内容を動画として残していますので終わってからでも見ることができます。

自分は「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~」の事務局にビデオメッセージの提供を頼まれました。自分が原発の問題に目覚めたのは、スウェーデンで1980年に行われた、原発政策を巡る国民投票でした。その経験に触れてのメッセージにしました。また日本の福島経験による、今住んでいるウプサラ市の身の回りの変化についても紹介しています。2分27秒のビデオですがどうぞ。

世界のいろいろ方からのビデオメッセージがあります。それらもどうぞ。

This entry was posted in ウプサラ, エネルギー, スウェーデン, Uncategorized, Uppsala, 原発, 国民投票, 市民団体, 市民活動, 投票, 民主主義. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s