Category Archives: メディア

原爆の恐ろしさを忘れないように

日本から世界一周の旅をしているピースポートが5月29日、一日だけストックホルムを訪れました。今年は広島と長崎の原爆から70年たったことで、8人の原爆経験者(被爆者)が乗っていました。2つのグループに別れ、2カ所の高校を訪問し、原爆の日の思い出やその後の人生について話しました。午前はDanderyds Gymnasium、午後はDidaktus Liljeholmen Gymnasiumを訪問しました。 自分はそれらの証言の通訳を担当し有意義な経験でした。高校生たちは驚くほど静かに聞いてくれたし、午後は質疑の時間もありました。例えば「アメリカに対する気持ちはどうですか。」など多くの質問が出ました。 質疑応答の機会があったため、生徒と被爆者の間の直接のコミュニケーションが成り立ち、終わったとたん賑やかになって交流が盛り上がりました。 取材に来ていた大手新聞DN紙の記事でその様子がよく紹介されています。 写真:DN紙/Eva Tedesjö スウェーデンは第2次世界大戦では中立国だったため、終戦70周年は日本ほど注目されていないように思います。 被爆者のホスト役をして、学校訪問をアレンジしたのはIPPNW(核戦争防止国際医師会議)のスウェーデン支部(SLMK=Svenska Läkare mot Kärnvapen)でした。IPPNWは1985年にノーベル平和賞を受賞した団体で、日本支部もあります。 ピースボートの乗客は被爆者が学校を訪問している間、ストックホルムのエコタウン、オーガニック料理のレストラン、自然学校やウプサラのエコビッレジなどを楽しむ各種見学ツアーに参加していました。 いろいろなかたちで学び合う、充実した一日だったように思います。 ピースボートが次にスウェーデンを訪問するのは2016年5月28日ですが、今度はヨーテボリです。

Posted in スウェーデン, ストックホルム, メディア, 原爆, 市民団体, 人権 | Tagged , , , , | Leave a comment

駅のピンク色の箱の中で選挙の1分間入門

乗り換え中の駅の中でこのピンクの箱を発見しました。入り口の上に「ようこそ。ここでは一分間だけで各政党の主張を知ることができます」と書いてあったので何だろうと思って中に入って見ました。 中にはスウェーデンラジオの政治ジャーナリストの顔写真といくつかのボタンがありました。「環境」、「医療」、「学校」など、ボタンごとにテーマが書いてありました。ボタンを押すと短い(1分程度の?)ラジオ番組が聞こえます。政治家がスピーチやインタビューで話したことを使った分かりやすい解説です。 電車を待っている人、すなわちちょっとあまった時間のある人に、政治に興味をもってもらって、投票率をあげる努力の一つのようです。 スウェーデンは選挙を面白くするための工夫がたくさんあります。日本の選挙ももっと面白くすればいいと思いませんか。

Posted in メディア, 選挙, 投票率, 政治 | Tagged , , , , | Leave a comment