Category Archives: 外国人参政権

「民主主義大使」は効果的だったのか

私が住むウプサラ市は、今年9月の総選挙の数週間前から投票率をあげる狙いで「民主主義大使」を採用しました。私も約25人の1人として投票率を上げる活動をしてみる機会を得て、面白い経験でした。結果を見てその民主主義大使の活動によって、投票率は本当に上がったでしょうか。 背景にある問題は、選挙区の間に投票率の大きな違いがあることです。民主主義大使プロジェクトの狙いの1つは、投票率の低い選挙区の投票率をあげることでそのギャップを縮めることでした。具体的な目標としてそのギャップを3%減らすことでした。投票率に影響を与える要因がたくさんあるので、因果関係を把握することが難しいです。それでも前回(2014年)の選挙と今回(2018年)の選挙の投票率データで投票率の変化を確認してみました。 同じ日に国会、県、市の選挙があったが、ここはウプサラ市の結果を見ます。市全体の投票率は85.18%から86.40%に、1.22%上がりました。そして2014年、一番投票率の低い選挙区を確認しました。Sydvästra Valsätra選挙区は今回も一番投票率の低いところでした。 .                                                                  2014 年  2018年   変化 … Continue reading

Posted in ウプサラ, スウェーデン, 社会民主党, 移民, 選挙, Uncategorized, Uppsala, 外国人参政権, 投票, 投票率, 政党, 政治, 民主主義 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

やり直し選挙の資金はどこから

来年3月22日、異例の再選挙の予定になりましたが各政党は突然のやり直しに使えるお金はあるのでしょうか。今年は春のEU選挙と秋の総選挙のダブル選挙があったので厳しいでしょう。一番貯金が残っているのはそれぞれ新聞を売った、中央党とスウェーデン民主党だそうです。国も突然の出費になります。選挙はいくらぐらいのお金がかかるのでしょうか。 経済新聞DIによると、国の選挙管理機関が9月の総選挙(自治体、県議会を含む)に使ったお金は1億1200万クローネ(17億8500万円)でした。その前のEU選挙は7000万クローネ(11億1200万円)でした。同機関は、来年の特別選挙は国政選挙だけですので、その間ぐらいの費用がかかるだろうと推測しています。 政党は、全党合わせて9月の選挙に使ったお金は約 3億3500万クローネ(53億3800万円)。その1億7000万クローネ(20億7000万円)は国が国会に議席ある各政党に対して出している政治活動資金でした。 政党の活動資金は何に使われるのでしょうか。日本であまり見ない3つの事例を紹介します。 一般広告。これはストックホルム中央駅で中央党が広告スペースを買って選挙ポスターを張っています。 有権者に配る小物。これは駅で通勤ラッシュの時間帯に保守党が配っていた紙袋です、。中にはリンゴと投票用紙が入っていました。 いろいろな言葉でのパンフレット。これは社民党が移民が多い地域で配っていたものです。写真は9月の選挙の時に取りました。スウェーデンに3年間住んでいる外国人は、地方選挙の参政権があるからです。今回の特別選挙は外国人が投票権のない国政選挙だけですからこのようなパンフレットがないかもしれません。  

Posted in 社会民主党, 選挙, 国会, 外国人参政権, 政党, 政治 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment