Category Archives: 投票率

新しい政権を待ちながら

9月9日の総選挙は終わった。確認を重ねて最終的な結果も出た。開票した夜は普通は次の政権が見えてくるけれど、今回はまったく見えない、複雑な結果になりました。だれが首相になって、どんな内閣ができるかまだまったく見えないところです。 スウェーデンは以前から左ブロック(赤・社会民主党が中心)と右ブロック(ブルー・保守)が競争する政界でした。その2ブロックの間で政権交代するのは普通でした。しかし今はどちらのブロックにも所属しないスウェーデン民主党(SD)が大きくなって、以前のようなブロック政治が崩れそうになっています。 現政権は社会民主党と環境党の内閣で、左党が閣外協力をしています。この3党で今回、国会の144の議席を確保しました。右ブロックはアリアンセン(Alliansen)と名乗って、保守党、中央党、自由党、クリスト教民主党の4党で構成されています。これらは国会で143の議席を確保しました。スウェーデン民主党は難民の受け入れに反対していて、いろいろな意味でほかの政党から人種差別主義の政党として見られています。ほかの政党はスウェーデン民主党と協力したくない。そしてそんな状況の中でスウェーデン民主党はキャスティング・ボートを握っている。そこで有力な政権をなかなか組めない状況になっています。 社会民主党のステファン・ロヴェーン(Stefan Löfven)さんはとりあえず首相として残っています。首相の主張は「社会民主党は一番大きな政党で、社会民主党が一番多くの議席をとったブロックをリードしている。だから辞職はしない」。でもより弱い立場になったので、中央党や自由党を呼び寄せようとしています。アリアンセンは、「左ブロックと言っても現政権は社会民主党と環境党だけで構成されていて、それは議席で見るとアリアンセンよりもすくない。だから、首相は直ちにやめるべきだ。逆にアリアンセンの最大党である保守党の党首が首相になって組閣すべきだ」と主張しています。 どんな政権を作れるか、政党間の交渉によることになりました。その間は国民が待っています。スウェーデンテレビが、「自分で政権を作ってみよう」というパズルも提供してくれています。色違いの各政党のブロックを押して引くかたちで好きな組み合わせができる。各ブロックの得票率はわすか0,3%の違いだと分かります。 しかし国会のスケジュールは決まっているので、その1つ1つのステップに合わせて各政党が方針を決めて行くことになります。国会は招集され、9月24日、国会の議長を選びます。9月25日はが国会の開会式が行われます。その後、現首相についての賛成、反対の投票が行われます。 以下、選挙ツアーの参加者のために作った、各政党の名前とシンボルと党首の顔が分かる資料を掲載します。(最後のフェミニスト党は国会に議席がないですが、私が住むウプサラ市の市議会に2議席をもっています。)

Posted in ウプサラ, スウェーデン, 環境党, 社会民主党, 選挙, 首相, Uncategorized, 内閣, 国会, 投票, 投票率, 政党, 政治, 民主主義 | Tagged , , , , , | Leave a comment

「民主主義大使」とは?

スウェーデンの投票率は高いですが、それでも不十分だと思う人がたくさんいます。特に、地域と地域の間に投票率の大きな差があります。自分が住んでいるウプサラ市はそのギャップを少しでも縮めようと、今回の選挙で「民主主義大使」を導入しています。民主主義大使の役割は、投票率の低いグループを主な対象に、投票権や投票の仕方について教えたり、投票を前向きに進めることです。 4年前の総選挙の投票率はどうだったか、確認しました。まず、各地域で同時に行われる選挙が三つあります。国会、県と市です。2014年の国会選挙の全国平均の投票率は85.81%でした。ウプサラ市の国会選挙においての投票率は88.16%で、全国よりも高かったです。しかしウプサラ市の中の選挙区をより細かく見ると一番高い選挙区は94.90%、一番低い選挙区は63.88%で、30%以上の差があります。 ウプサラ市議会選挙の投票率を見ると、市全体は85,18%でした。この場合、投票できるのはスウェーデン国籍の人だけではないく、スウェーデンに3年間住んでいる外国人も投票できます。そのため、市で投票権があったのは,国会選挙にくらべて6676人多かったです。市の選挙では投票率の一番高い地域は93.77で、一番低い地域は57.67%だったので、36%ほどの違いがあったのです。 今回のウプサラ市の投票プロジェクトはこの差を3%縮めようとの目標をたてています。6週間の期間で約20人の民主主義大使がパートタイムの仕事として、町の広場、市立図書館、イベントの会場などで投票について情報提供をします。 自分も民主主義大使の1人とした採用され、いろいろな人に声をかけてみました。国籍がなくても、3年間住んでいれば市と県の選挙で投票権があることを知らない人に出会ったりしました。スウェーデン語の理解がまだ不十分な市民のために、国の選挙管理機関が30カ国の言葉での投票案内を作っています。  

Posted in ウプサラ, スウェーデン, 選挙, Uncategorized, Uppsala, 国会, 投票, 投票率, 民主主義, 住民参加 | Tagged , | Leave a comment

「投票率80%超! 2018スウェーデン総選挙疑似体験スタディツアー」

飛行機の込み具合でツアーを1日短縮し、9月6日の出発に変更しました。もちろん早めに到着して観光を楽しむこともできます。何か不安があれば気楽に相談してください。 「投票率80%超! 2018スウェーデン総選挙疑似体験スタディツアー」

Posted in ウプサラ, スウェーデン, ストックホルム, 選挙, 選挙小屋, Uncategorized, Uppsala, 国会, 学校選挙, 投票, 投票率, 政党, 政治 | Leave a comment

2018年9月9日の総選挙に合わせてツアーを開催します!

2018年9月、スウェーデンは4年振りの総選挙!日本と違って、国会、県議会、市議会のすべてが全国で同じ日に行われます。スウェーデンの投票率は80%以上。日本人がよくびっくるするこですが、スウェーデンの人はそれでまだ不満です。私が住むウプサラ市は市民の中から「民主主義大使」を募って、投票率をもっとあげようと努力しています。 4年に1回しかない、スウェーデンの民主主義を知るこの絶好の機会にスウェーデンに来てみませんか。選挙キャンペーン、ディベート、 教育、メディアのあり方などを日本と比較しながら市民の視点で紹介していきます。現地での視察プログラムの全行程にガイド・通訳として同行します。 スウェーデンと私の住む町ウプサラへようこそ! ツアーの詳細はこちらへ: 投票率80%超! スウェーデン総選挙体感 スタディツアー2018

Posted in ウプサラ, スウェーデン, 選挙, Uncategorized, Uppsala, 国会, 学校選挙, 市民活動, 投票, 投票率, 政党, 政治, 民主主義 | Tagged , , , , , | Leave a comment

駅のピンク色の箱の中で選挙の1分間入門

乗り換え中の駅の中でこのピンクの箱を発見しました。入り口の上に「ようこそ。ここでは一分間だけで各政党の主張を知ることができます」と書いてあったので何だろうと思って中に入って見ました。 中にはスウェーデンラジオの政治ジャーナリストの顔写真といくつかのボタンがありました。「環境」、「医療」、「学校」など、ボタンごとにテーマが書いてありました。ボタンを押すと短い(1分程度の?)ラジオ番組が聞こえます。政治家がスピーチやインタビューで話したことを使った分かりやすい解説です。 電車を待っている人、すなわちちょっとあまった時間のある人に、政治に興味をもってもらって、投票率をあげる努力の一つのようです。 スウェーデンは選挙を面白くするための工夫がたくさんあります。日本の選挙ももっと面白くすればいいと思いませんか。

Posted in メディア, 選挙, 投票率, 政治 | Tagged , , , , | Leave a comment

投票率が5%あがった

5年に1回の欧州議会選挙は、投票率が低いことが問題になっています。5月25日に行われた今回の投票率は、前回の2009年の43.8%を上回り、5%ほど、48.9%まであがりました。まだ不十分ですがよかったです。 投票率をあげるためにいろいろな工夫が見られました。ポスターで投票のしかたを具体的に教えたり、大学で候補者のパネルディスカッションを開催したり、テレビ番組でEUの課題を分かりやすく紹介したりするなどでした。 投票日の昼間に非営利団体が運営しているウプサラの小さな映画館で映画を見に行くと最初にこんな内容の映像がながれました。「これはCMです。CMはあなたに考え方や商品を提供しようとするものです。このCMは違います。あなたの声を聞きたいのです。あなたの意見を知りたいのです。投票しましょう。」 日本は、投票率をあげるためにどんな取り組みがあるのでしょうか。 ちなみに、「スウェーデンの今」というブログで、選挙の結果が細かく日本語で紹介されています。おすすめです。  

Posted in EU, 選挙, Uppsala, 大学, 投票率, 欧州議会 | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

大学で政治の議論

EU選挙を前にウプサラ大学パネルディスカッションが開かれました。狙いはより多くの人に投票してもらうことでした。 現在EU議会で議席をもっている政党からそれぞれ1名が出席して、現職の国会議員やEU議員と新しい立候補者、立場のいろいろな人でした。 EU議会(欧州議会)は、EU28カ国で5年に一回選ばれる751人の議員で構成されています。そのうちスウェーデンは20議席だけもっています。 このパネルディスカッションは、平日の昼間の時間帯でしたが、ウプサラは真夏のような素晴らしい天気に恵まれました。町が暖かい天気を楽しむ人であふれていましたが、それでも、政治の議論に参加するために150人位集まりました。学生も多かったです。 各候補者と司会者がとても幅広くさまざまなテーマを取り上げましたが、聞く人はどんなテーマに興味があったのでしょうか。一般の質問になると少し見えてきました。EUで課題になっている一つは、難民や政治的亡命者の受け入れ政策です。戦争などのために難民になる人がEUに行こうとするのですが、EUに入るのは難しく、EUの対応の仕方に問題があると思っている人が多いです。 そこで質問の一つは、「法律に沿ったより安全な方法でEUに亡命できるようにするために、皆さんは何をしようとしているのでしょうか。」でした。もう一つは、「EU圏内の男女平等を推進するために何をしようとしているのか」。 このパネルディスカッションの主催は、主に学生が運営している、国際的な政治問題や外交のありかたの理解を深めるために活動しているUppsala Association of International Affairsという非営利団体でした。 日本の大学でこのような議論をすることがあるのでしょうか。

Posted in 選挙, 大学, 投票率, 教育, 欧州議会 | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment