Category Archives: 政治

新しい政権を待ちながら

9月9日の総選挙は終わった。確認を重ねて最終的な結果も出た。開票した夜は普通は次の政権が見えてくるけれど、今回はまったく見えない、複雑な結果になりました。だれが首相になって、どんな内閣ができるかまだまったく見えないところです。 スウェーデンは以前から左ブロック(赤・社会民主党が中心)と右ブロック(ブルー・保守)が競争する政界でした。その2ブロックの間で政権交代するのは普通でした。しかし今はどちらのブロックにも所属しないスウェーデン民主党(SD)が大きくなって、以前のようなブロック政治が崩れそうになっています。 現政権は社会民主党と環境党の内閣で、左党が閣外協力をしています。この3党で今回、国会の144の議席を確保しました。右ブロックはアリアンセン(Alliansen)と名乗って、保守党、中央党、自由党、クリスト教民主党の4党で構成されています。これらは国会で143の議席を確保しました。スウェーデン民主党は難民の受け入れに反対していて、いろいろな意味でほかの政党から人種差別主義の政党として見られています。ほかの政党はスウェーデン民主党と協力したくない。そしてそんな状況の中でスウェーデン民主党はキャスティング・ボートを握っている。そこで有力な政権をなかなか組めない状況になっています。 社会民主党のステファン・ロヴェーン(Stefan Löfven)さんはとりあえず首相として残っています。首相の主張は「社会民主党は一番大きな政党で、社会民主党が一番多くの議席をとったブロックをリードしている。だから辞職はしない」。でもより弱い立場になったので、中央党や自由党を呼び寄せようとしています。アリアンセンは、「左ブロックと言っても現政権は社会民主党と環境党だけで構成されていて、それは議席で見るとアリアンセンよりもすくない。だから、首相は直ちにやめるべきだ。逆にアリアンセンの最大党である保守党の党首が首相になって組閣すべきだ」と主張しています。 どんな政権を作れるか、政党間の交渉によることになりました。その間は国民が待っています。スウェーデンテレビが、「自分で政権を作ってみよう」というパズルも提供してくれています。色違いの各政党のブロックを押して引くかたちで好きな組み合わせができる。各ブロックの得票率はわすか0,3%の違いだと分かります。 しかし国会のスケジュールは決まっているので、その1つ1つのステップに合わせて各政党が方針を決めて行くことになります。国会は招集され、9月24日、国会の議長を選びます。9月25日はが国会の開会式が行われます。その後、現首相についての賛成、反対の投票が行われます。 以下、選挙ツアーの参加者のために作った、各政党の名前とシンボルと党首の顔が分かる資料を掲載します。(最後のフェミニスト党は国会に議席がないですが、私が住むウプサラ市の市議会に2議席をもっています。)

Posted in ウプサラ, スウェーデン, 環境党, 社会民主党, 選挙, 首相, Uncategorized, 内閣, 国会, 投票, 投票率, 政党, 政治, 民主主義 | Tagged , , , , , | Leave a comment

「投票率80%超! 2018スウェーデン総選挙疑似体験スタディツアー」

飛行機の込み具合でツアーを1日短縮し、9月6日の出発に変更しました。もちろん早めに到着して観光を楽しむこともできます。何か不安があれば気楽に相談してください。 「投票率80%超! 2018スウェーデン総選挙疑似体験スタディツアー」

Posted in ウプサラ, スウェーデン, ストックホルム, 選挙, 選挙小屋, Uncategorized, Uppsala, 国会, 学校選挙, 投票, 投票率, 政党, 政治 | Leave a comment

2018年9月9日の総選挙に合わせてツアーを開催します!

2018年9月、スウェーデンは4年振りの総選挙!日本と違って、国会、県議会、市議会のすべてが全国で同じ日に行われます。スウェーデンの投票率は80%以上。日本人がよくびっくるするこですが、スウェーデンの人はそれでまだ不満です。私が住むウプサラ市は市民の中から「民主主義大使」を募って、投票率をもっとあげようと努力しています。 4年に1回しかない、スウェーデンの民主主義を知るこの絶好の機会にスウェーデンに来てみませんか。選挙キャンペーン、ディベート、 教育、メディアのあり方などを日本と比較しながら市民の視点で紹介していきます。現地での視察プログラムの全行程にガイド・通訳として同行します。 スウェーデンと私の住む町ウプサラへようこそ! ツアーの詳細はこちらへ: 投票率80%超! スウェーデン総選挙体感 スタディツアー2018

Posted in ウプサラ, スウェーデン, 選挙, Uncategorized, Uppsala, 国会, 学校選挙, 市民活動, 投票, 投票率, 政党, 政治, 民主主義 | Tagged , , , , , | Leave a comment

2018年9月9日にスウェーデン総選挙

2018年は総選挙の年です。 スウェーデンは、日本と違って、選挙は定期的に行われます。衆議院解散などの突然の動きは普通ありません。さらに時期がバラバラの地方選挙ではなく、市議会、県議会、国会、すべてが同じ日です。今年は 9月9日(日曜日)が投票日となります。9月の2つ目の日曜日に決まっています。 スウェーデンの9月のはじめというと、夏の休暇から皆がもどってきていて、仕事や勉強に集中している時期です。選挙のキャンページは、暖かい季節にできるようになっています。 2014年の選挙の結果をこのブログで報告しました。社会民主党と環境党の連立政権ができて環境党がはじめて入閣しました。しかし弱い少数派政権でした。それでもいろいろ揺れながらなんとかここまで来ました。選挙後のころは環境よりも移民政策の議論が中心でした。その背景の1つは難民や移民の受け入れに消極的なスウェーデン民主党が国会で第3党になったことです。もう1つは2015年の間に16万人ほどの難民がスウェーデンにやってきたことです。その受け入れがなかなか大変だったので、受け入れについての意見がいろいろ全面に出てきました。 時期については1つだけ例外があります。住民投票です。9月の総選挙と同時に行うのもありますが、別の時期もあります。ことしは、国際的にも注目されそうな住民投票が予定されいています。人口が22000人程度の小さな自治体Östhammar(エストハンマー)で行われます。ウプサラからバスで1時間ぐらいのところでバルト海の海岸に位置しています。エストハンマーは、原発の使用済燃料の最終処分場を作る予定になっています。許可申請プロセスが今最後段階に入っています。そこで市議会が受け入れを決定する前に、最終処分場の建設を受け入れるかどうかに関する住民投票を3月4日に行う予定です。 今年はどんな議論や選挙になるのでしょうか。

Posted in スウェーデン, 選挙, Uncategorized, 国会, 投票, 政治, 民主主義 | Tagged , , , , | 1 Comment

8月にStockholm Pride + スポーツイベントのEurogames

4月25日(土)から東京レインボーウィークが始まり、26日の日曜日はプライドパレードもあります。今回は3年目だそうで、日本ではわりと新しいイベントです。セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)を中心のイベントです。日本では、英語の表現LGBTを使っています。 出典:http://tokyorainbowpride.com/whats-lgbt/ スウェーデン、ストックホルムで毎年開かれるStockholm Prideは70年代からの歴史のある大きなイベントです。 1998年以来は、Stockholm Prideという名前でパレードと各種イベントが開催されています。今年は7月27日ー8月1日の予定です。スウェーデンでは、有名な政治家などセクシュアル・マイノリティではない人もたくさん参加していて、人々の多様性や人権、テーマの幅広い祭典になっているように思います。 ことしは少し特別です。というのはその少し後の8月5日−9日にEurogames Stockholmも開かれます。これは、LGBTを中心のスポーツ、文化、政治の大きなイベントです。主催者は、5000人の参加者、そしてスポーツ試合を見たりするなど楽しみに集まる人、20万人も集めるという目標をたてています。それほど集まらなくてもストックホルムとして大きなイベントになりそうです。 Eurogamesの開会式はノーベル賞の晩餐会が毎年行われるストックホルムの市庁舎で行われる予定です。そして29種類のスポーツの試合が予定されています。 この時期にストックホルムに行きたいと思う場合はホテルの予約を急いだほうがよいでしょう。 ちなみに、デンマーク大使館ツィッターによると、デンマーク大使館は北欧大使館としてブースを出展する予定で、そのブースで北欧諸国でのさまざまな取り組みを紹介する予定だそうです。スウェーデン大使館のツイッターも『「北欧プライド」という形で参加させていただきます』だそうです。どんな意味でしょう。ちょっと見に行こうかな。

Posted in スウェーデン, ストックホルム, LGBT, 政治, 民主主義, 人権 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

ウプサラのモスクにたくさんの愛

あけましておめでとうございます。スウェーデンは去年、クリスマスが終わったところで政党間の合意が成立し再選挙が中止になりました。内閣はそのまま残り、スウェーデンは年を越しました。 私が住んでいるウプサラの元旦は少し怖い事件が起こりました。朝早い時点でだれかがモスクに向かって、火炎瓶を投げました。運が良いことに火は広がらなかったが、ドアには人種差別的な落書きもありました。 次の日、ウプサラの人々はモスクに集まり、モスクにlove bombingをしました。愛で攻撃をしたというか、無名の人が行った、モスクに対する人種差別的な攻撃に抗議するための「ラブ攻撃」。新聞に面白い写真が出ていたので、今朝、モスクを見に行きました。 すると、モスクの三つのドアにたくさんの愛のメッセージが張ってありました。 いろいろなメッセージがありました。例えば「人は人」。 それぞれのドアにメッセージがいっぱいありました。これは女性専用の入り口です。 メイン入り口のドアを開けてみて、「入っていいですか」と聞いてみると、「どうぞ、だれでもいつでも入っていいところですよ」ということでした。靴を脱いで、中を見て回りました。管理人らしい男性も自主的にいろいろ話してくれました。祈りの時間ではなかったので、人はあまりいなかったが、床で寝ている二人がいました。受け入れたホームレスかと思ったら、元旦の事件以来、夜中にモスクを見守っているボランテアで、午前中は休んでいるということでした。事情を知るために市議会議員、国会議員も来たという話しも聞きました。  無名の人物による差別的な行為は怖いニュースでしたが、モスクに行って、たくさんの♡のメッセージを見て、中に入って、親切な人に会うと、「ウプサラはいいところだな」と思いました。面白い発想と行動の市民がいて、希望のある町だと感じました。

Posted in スウェーデン, 移民, Uppsala, 差別, 政治 | Tagged , , , , , | Leave a comment

特別選挙が中止に

2015年3月22日に予定していた特別選挙は中止になりました。与野党6政党が12月27日の午前、共同記者会見を行い、少数派政権の場合の国会運営について合意したと発表。社民党+環境党の内閣はそのまま残るようです。2015年4月に提出される予定の政府予算案以降、野党の4党連立は与党の予算を通す予定。2018年の選挙の後でもこの合意が有効なので、与党、野党はどのブロックであれ、少数派政権の予算を通すとのこと。この合意は2022年まで有効だそうです。  スウェーデンは、歴史的に見ると少数派政権は珍しくないことです。今回の合意の狙いはスウェーデン民主党の影響力をなるべく小さくすることでしょう。

Posted in スウェーデン, 環境党, 社会民主党, 選挙, 首相, 内閣, 国会, 政党, 政治 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment