Tag Archives: 投票率

駅のピンク色の箱の中で選挙の1分間入門

乗り換え中の駅の中でこのピンクの箱を発見しました。入り口の上に「ようこそ。ここでは一分間だけで各政党の主張を知ることができます」と書いてあったので何だろうと思って中に入って見ました。 中にはスウェーデンラジオの政治ジャーナリストの顔写真といくつかのボタンがありました。「環境」、「医療」、「学校」など、ボタンごとにテーマが書いてありました。ボタンを押すと短い(1分程度の?)ラジオ番組が聞こえます。政治家がスピーチやインタビューで話したことを使った分かりやすい解説です。 電車を待っている人、すなわちちょっとあまった時間のある人に、政治に興味をもってもらって、投票率をあげる努力の一つのようです。 スウェーデンは選挙を面白くするための工夫がたくさんあります。日本の選挙ももっと面白くすればいいと思いませんか。

Posted in メディア, 選挙, 投票率, 政治 | Tagged , , , , | Leave a comment

投票率が5%あがった

5年に1回の欧州議会選挙は、投票率が低いことが問題になっています。5月25日に行われた今回の投票率は、前回の2009年の43.8%を上回り、5%ほど、48.9%まであがりました。まだ不十分ですがよかったです。 投票率をあげるためにいろいろな工夫が見られました。ポスターで投票のしかたを具体的に教えたり、大学で候補者のパネルディスカッションを開催したり、テレビ番組でEUの課題を分かりやすく紹介したりするなどでした。 投票日の昼間に非営利団体が運営しているウプサラの小さな映画館で映画を見に行くと最初にこんな内容の映像がながれました。「これはCMです。CMはあなたに考え方や商品を提供しようとするものです。このCMは違います。あなたの声を聞きたいのです。あなたの意見を知りたいのです。投票しましょう。」 日本は、投票率をあげるためにどんな取り組みがあるのでしょうか。 ちなみに、「スウェーデンの今」というブログで、選挙の結果が細かく日本語で紹介されています。おすすめです。  

Posted in EU, 選挙, Uppsala, 大学, 投票率, 欧州議会 | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

大学で政治の議論

EU選挙を前にウプサラ大学パネルディスカッションが開かれました。狙いはより多くの人に投票してもらうことでした。 現在EU議会で議席をもっている政党からそれぞれ1名が出席して、現職の国会議員やEU議員と新しい立候補者、立場のいろいろな人でした。 EU議会(欧州議会)は、EU28カ国で5年に一回選ばれる751人の議員で構成されています。そのうちスウェーデンは20議席だけもっています。 このパネルディスカッションは、平日の昼間の時間帯でしたが、ウプサラは真夏のような素晴らしい天気に恵まれました。町が暖かい天気を楽しむ人であふれていましたが、それでも、政治の議論に参加するために150人位集まりました。学生も多かったです。 各候補者と司会者がとても幅広くさまざまなテーマを取り上げましたが、聞く人はどんなテーマに興味があったのでしょうか。一般の質問になると少し見えてきました。EUで課題になっている一つは、難民や政治的亡命者の受け入れ政策です。戦争などのために難民になる人がEUに行こうとするのですが、EUに入るのは難しく、EUの対応の仕方に問題があると思っている人が多いです。 そこで質問の一つは、「法律に沿ったより安全な方法でEUに亡命できるようにするために、皆さんは何をしようとしているのでしょうか。」でした。もう一つは、「EU圏内の男女平等を推進するために何をしようとしているのか」。 このパネルディスカッションの主催は、主に学生が運営している、国際的な政治問題や外交のありかたの理解を深めるために活動しているUppsala Association of International Affairsという非営利団体でした。 日本の大学でこのような議論をすることがあるのでしょうか。

Posted in 選挙, 大学, 投票率, 教育, 欧州議会 | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

投票率をあげるためのテレビ番組

スウェーデンの国会選挙の投票率は84%以上(2010年)ですがEU議会の選挙になると低いです。前回の2009年は45%程度でした。ですからEU選挙の場合、スウェーデンも日本と同様、どうやって投票率をあげるかという悩みがあります。 そこでスウェーデンテレビが投票率をあげる目的で3回シリーズの番組を作っています。その1回目の番組をみてみました。(ネットで見ることができ、日本でも見られます。) 番組の主役はラジオやテレビの番組ホストやコメディアンとして知られているKodjo Akolor (コジョ・アコロー)さんです。 コジョさんは、スウェーデンに移住したガーナ出身のカップルの息子としてスウェーデンで育ちました。国籍はスウェーデンだし、スウェーデン語ももちろん完璧です。 コジョさんはヨーロッパ各地に取材に出かけ、専門家やEUの議員に取材します。1回目のテーマは温暖化、遺伝子組み換え食品、将来の食料不足です。 温暖化の取材では研究者と一緒に、溶けかけているアルプスの氷河までのぼります。そこで、氷河が溶けるスピードにブレーキをかけるために、観光業者が氷河の上に大きなフリースの毛布を敷いているというびっくりするような事情を紹介します。ドイツの原発廃止政策やスウェーデン国有電力会社の石炭採掘なども取り上げます。 次に食料生産の問題を追って、遺伝子組み換え食品の開発者を訪問したり、新しいタンパク源として期待される虫の養殖施設を見学したり、いなごピザを焼いたり、食べたりします。その合間に何回もスウェーデンのいろいろな政党のEU議員をインタビューします。 最後に、インタビューした議員全員に「いなごはいかが」と試食を提案して、ほとんど全員がいなごをかじることになります。 なかなか面白く、おすすめできる番組です。 ちなみに、先日、選挙カーの事例として高野山の写真を使いました。高野町の町長選挙の投票率はスウェーデン並の85%でした。

Posted in EU, 選挙, 投票率, 欧州議会 | Tagged , , , , , , | 1 Comment