Tag Archives: 選挙庁

環境党がスウェーデンの第2党に

5月25日の欧州議会選挙のスウェーデンの結果が出ました。ブリュッセルにある欧州議会の議席が決まる選挙なので、スウェーデンの国会や市議会にまったく影響がないですが、大きな世論調査かのように、市民の政治志向のトレンドが見えます。 大成功した政党の一つは環境党です。スウェーデン第3党から、首相を出している保守党(穏健党)を抜いて、スウェーデン第2党になりました。当選した候補者3人だけではなく、党員全員がとても喜んでいる様子をテレビで見ることできました。 写真は、環境党のトップ候補の2人です。左はPeter Eriksson(ペーター・エリクソン)さんです。現在はスウェーデン国会議員ですが新しく欧州議会議員として当選しました。右はIsabella Lövin(イサベラ・ロヴィーン)さんです。現職の欧州議会議員ですが元々はジャーナリストです。海の資源が枯渇するような漁業の問題を取り上げる本を書いたことで有名になり、環境党の議員になり、EU議会で海の資源を守ることで頑張ってきました。 イサベラさんの本の日本語版も出ています:「沈黙の海 ー 最後の食用魚を求めて」。その出版の2010年に来日しました。 翻訳者がここで本の紹介をしています。 投票日の最後に選挙庁が発表した結果はこちらにあります。 第1党が社会民主党 24.4% 第2党が環境党 15.3% 第3党が保守党(穏健党) 13.6% さらに、環境党が第1党になった地域もあります。例えば首都圏です。 ストックホルム県では19.3%でトップ。 ストックホルム市では21.7%でトップ。 第2の都市のヨーテボリ市では18%でトップ。 私が住むウプサラ市も環境党が21.2%でトップに出ました。さらに自分が住む選挙区では、環境党は42%も獲得してびっくりしました。 日本もネット上でこれほど細かく選挙の結果を見ることができるのでしょうか。

Posted in EU, 選挙, Uppsala, 欧州議会 | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

投票のしかたを町中の広告で教える

選挙庁がこんな広告で投票のしかたを教えています。 スウェーデンは主に政党を選びます。そして選んだ政党の候補者のリストの中から好きな候補者を一人だけ選んで推薦できます。 このポスターで票の使い方を説明しています。これは「A党」の票です。A党が決めた候補者がA党が決めた優先順位で並んでいます。有権者はその中から一人だけを選んで、マークして、推薦できます。その候補者を推薦している人が多ければ候補者の順位が変わり、実際に当選する人が代わる可能性があります。マークを付けない場合、政党が提案した通りの優先順位になります。 候補者と関係なく、政党だけを選びたい場合は、真っ白の票にその政党の名前を自分で書くことができます。 候補者の名前以外にいくつかの情報をいれることができます。この見本のように候補者の年齢と職業を入れることが多いです。例えばこの場合は上から「40才の教員」、「18才の学生」、「67才の医者」と並んでいます。 各政党がEU選挙のために用意している票のすべてが選挙庁のホームページで紹介されています。 ほかに載せることがができる候補者情報は肩書き、居住地、など限られた内容です。 日本の票はどのようになっているのでしょうか。私は見たことがありません。

Posted in EU, 選挙, 欧州議会 | Tagged , , , , , | Leave a comment