Tag Archives: 選挙

2018年9月9日にスウェーデン総選挙

2018年は総選挙の年です。 スウェーデンは、日本と違って、選挙は定期的に行われます。衆議院解散などの突然の動きは普通ありません。さらに時期がバラバラの地方選挙ではなく、市議会、県議会、国会、すべてが同じ日です。今年は 9月9日(日曜日)が投票日となります。9月の2つ目の日曜日に決まっています。 スウェーデンの9月のはじめというと、夏の休暇から皆がもどってきていて、仕事や勉強に集中している時期です。選挙のキャンページは、暖かい季節にできるようになっています。 2014年の選挙の結果をこのブログで報告しました。社会民主党と環境党の連立政権ができて環境党がはじめて入閣しました。しかし弱い少数派政権でした。それでもいろいろ揺れながらなんとかここまで来ました。選挙後のころは環境よりも移民政策の議論が中心でした。その背景の1つは難民や移民の受け入れに消極的なスウェーデン民主党が国会で第3党になったことです。もう1つは2015年の間に16万人ほどの難民がスウェーデンにやってきたことです。その受け入れがなかなか大変だったので、受け入れについての意見がいろいろ全面に出てきました。 時期については1つだけ例外があります。住民投票です。9月の総選挙と同時に行うのもありますが、別の時期もあります。ことしは、国際的にも注目されそうな住民投票が予定されいています。人口が22000人程度の小さな自治体Östhammar(エストハンマー)で行われます。ウプサラからバスで1時間ぐらいのところでバルト海の海岸に位置しています。エストハンマーは、原発の使用済燃料の最終処分場を作る予定になっています。許可申請プロセスが今最後段階に入っています。そこで市議会が受け入れを決定する前に、最終処分場の建設を受け入れるかどうかに関する住民投票を3月4日に行う予定です。 今年はどんな議論や選挙になるのでしょうか。

Posted in スウェーデン, 選挙, Uncategorized, 国会, 投票, 政治, 民主主義 | Tagged , , , , | 1 Comment

特別選挙が中止に

2015年3月22日に予定していた特別選挙は中止になりました。与野党6政党が12月27日の午前、共同記者会見を行い、少数派政権の場合の国会運営について合意したと発表。社民党+環境党の内閣はそのまま残るようです。2015年4月に提出される予定の政府予算案以降、野党の4党連立は与党の予算を通す予定。2018年の選挙の後でもこの合意が有効なので、与党、野党はどのブロックであれ、少数派政権の予算を通すとのこと。この合意は2022年まで有効だそうです。  スウェーデンは、歴史的に見ると少数派政権は珍しくないことです。今回の合意の狙いはスウェーデン民主党の影響力をなるべく小さくすることでしょう。

Posted in スウェーデン, 環境党, 社会民主党, 選挙, 首相, 内閣, 国会, 政党, 政治 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

移民がいなければスウェーデン社会は壊れる

今日、認知症の父が住んでいる介護施設がアレンジした、家族も参加できるクリスマスイベントに参加しました。お年寄り全員が広い部屋に集まって音楽を聞いていました。大半はスウェーデンで生まれ育ったんだろうと思うような人です。となりのキッチンでクリスマスのお菓子やコーヒーや飲み物を準備していた職員たちは、どこか外国の背景のありそうな人たちが多かったです。 これはスウェーデンの現状です。いろいろな国から来た人たちが父の世代のお年寄りの介護をしています。かれらが施設に住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんにスウェーデンの伝統的なお菓子を食べたり、スウェーデン的なクリスマスの歌を聞いたりする機会を提供しています。 この秋の選挙で13%の支持でとても伸びたスウェーデン民主党は移民の受け入れを少なくすることだけではなく、いろいろな差別的な政策を推進しています。しかし現実は、外国の背景をもった人たちがいなければ今のスウェーデン社会はなりたちません。かれらを抜けば壊れてしまいます。 いなければ、だれがお年寄りの世話をするのでしょうか。共稼ぎのスウェーデンでは男女とも働いています。一家庭を維持するのに2人の収入の必要です。それはスウェーデンの当たり前です。 オフィスの掃除、病院、ホームヘルパー、各種レストラン、タクシー、市バス ー 移民がよく働いている分野です。私は、父の介護、母のホームヘルパーをしてくれる人たちがいるというのは、とてもありがたいことだと思っています。自分はそのおかげで自由に仕事ができて、稼いで、自立した生活ができます。日本も多くの女性が望むことでしょう。 3月22日の特別選挙は、移民政策の議論が中心になりそうですが、町中のキャンペーンは、通りかかる人に暖かいコーヒーを無料提供したりして、ささやかなかたちで始まっています。

Posted in スウェーデン, 移民, 選挙, 政党, 政治 | Tagged , , , | Leave a comment

やり直し選挙の資金はどこから

来年3月22日、異例の再選挙の予定になりましたが各政党は突然のやり直しに使えるお金はあるのでしょうか。今年は春のEU選挙と秋の総選挙のダブル選挙があったので厳しいでしょう。一番貯金が残っているのはそれぞれ新聞を売った、中央党とスウェーデン民主党だそうです。国も突然の出費になります。選挙はいくらぐらいのお金がかかるのでしょうか。 経済新聞DIによると、国の選挙管理機関が9月の総選挙(自治体、県議会を含む)に使ったお金は1億1200万クローネ(17億8500万円)でした。その前のEU選挙は7000万クローネ(11億1200万円)でした。同機関は、来年の特別選挙は国政選挙だけですので、その間ぐらいの費用がかかるだろうと推測しています。 政党は、全党合わせて9月の選挙に使ったお金は約 3億3500万クローネ(53億3800万円)。その1億7000万クローネ(20億7000万円)は国が国会に議席ある各政党に対して出している政治活動資金でした。 政党の活動資金は何に使われるのでしょうか。日本であまり見ない3つの事例を紹介します。 一般広告。これはストックホルム中央駅で中央党が広告スペースを買って選挙ポスターを張っています。 有権者に配る小物。これは駅で通勤ラッシュの時間帯に保守党が配っていた紙袋です、。中にはリンゴと投票用紙が入っていました。 いろいろな言葉でのパンフレット。これは社民党が移民が多い地域で配っていたものです。写真は9月の選挙の時に取りました。スウェーデンに3年間住んでいる外国人は、地方選挙の参政権があるからです。今回の特別選挙は外国人が投票権のない国政選挙だけですからこのようなパンフレットがないかもしれません。  

Posted in 社会民主党, 選挙, 国会, 外国人参政権, 政党, 政治 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

冬の不慣れな選挙の準備が始まる

スウェーデンの国政選挙はいつも9月の3つ目の日曜日に実施されます。キャンペーンは夏の後半から忙しくなります。3月22日の今回の特別選挙は違います。どんな天気なるのでしょうか。かなり寒い季節なので冬の選挙になるでしょう。暖かい服装、そして選挙小屋も断熱材を追加する必要が出てきました。 8種類の選挙小屋をすでに販売しはじめている会社にとっては、突然の新選挙は大歓迎でしょう。断熱材だけではなく、上に雪が積もっても大丈夫な小屋にする必要があります。この理由で今回の小屋は高めになるそうです。夏だと1小屋が1万ー2万クローネ(16万円ー32万円)位するのに対して冬用の断熱材付きの小屋は、組み立て込みだと3万クローネ(48万円)ほどします。 今年9月の選挙に使われた小屋をまだもっているところはラッキーですが、選挙が終わると政党は多くの小屋を中古品として売ります。庭に設置するのに建設許可が必要ないので、いろいろに使える便利な小屋です。とても人気があります。個人は別荘の庭に置いてお客さんが泊まれる部屋に使ったり、物置に使ったり、幼稚園はおもちゃの家にしたりできます。 日本は選挙小屋を見たことがないですが例えば渋谷のハチ公広場にあれば面白いと思いませんか。

Posted in スウェーデン, 選挙, 選挙小屋, 国会, 政党, 政治 | Tagged , , , , , , | 6 Comments

温暖化対策担当大臣はどんな人?

先日、副首相、環境・温暖化対策大臣のオーサ・ロムソンさん(Åsa Romson、環境党)の話を生で聞く機会がありました。2015年12月、パリで開かれる国連の温暖化会議で、京都議定書に代わる新しい気候変動枠組みができると期待される中、今年12月でペルーのリマ市で開かれる温暖化会議が注目されています。パリ会議に向けての準備会議の位置づけになっているからです。リマでうまく行けばパリがうまくいく可能性が高くなるということです。 ロムソンさんはペルーに出発する前に政府の姿勢を話していましたが、政権交代して、スウェーデンが特にEUの中で積極的に取り組むと言っていたので少し安心しました。 話を聞く機会は、環境党のシンクタンクFORES(フォーレス)がアレンジした朝のセミナーでした。セミナーは満員でしたがとてもインフォーマルで、大臣に警備員がついていたのでしょうか。私には見えませんでした。 ロムソンさんの雰囲気はまったく政治家らしさに欠けていて、とても「普通の人」って感じです。長い経験をもつ政治家の冷静な話し方ではなく、つい興奮して早くしゃべってしまいます。この不慣れな話し方は弱点かもしれません。同時に、本物だと疑う余地もない、彼女の環境保護に対する熱意は利点かもしれません。どれが一番大事でしょうか。 政治家の経験がまだ短い、急スピードで政界のトップに進んだロムソンさんはどんな人でしょうか。履歴書を見ると8年間、ストックホルム市議会議員として活躍した後に2010年にはじめて国会議員に。2011年は環境党の2人の共同代表の一人に選ばれ、ことしの総選挙でその立場でよくテレビに出れようになって、顔が知られるようになりました。選挙の結果、社会民主党と環境党が少数派政権の内閣を組むことになって、ロムソンさんはつい副首相、環境・温暖化対策大臣のポストに。 ストックホルム大学の大学院では環境法を専攻していたので、学歴で言えばピッタリでしょう。日本は、学歴や専門分野にあまり関係ないかたちで大臣が決まることが多いようですが今の望月環境大臣はどうでしょう。法学部を卒業したようですが何を専攻していたのでしょうか。

Posted in スウェーデン, 環境党, 社会民主党, 選挙, 内閣, 政党, 政治, 温暖化 | Tagged , , , , , , , , | Leave a comment

新しい国会が新しい表現も

今日は、日本の国会の招集とほぼ平行してスウェーデンの国会も総選挙の後に初めて招集されました。国王も参加する開会式はあしたで、今日は議長や副議長3人を選ぶというわりとシンプルな初仕事でした。 Photo: Riksdag Administration 皆、ハッピーそうですが、実は左の男性が国会議員が普通ではない行動をおこす原因となりました。議長と副議長は、議長は最大党から、そして副議長は政党のサイズの順番に選ぶという習慣があります。非民主的だと見られたりしていて、ほかの政党から嫌われているスウェーデン民主党(SD)が今回13%で第3党になったために、第2の副議長のポストに入るという見とうしとなりました。 このありさまを支持しないことを表すために、スウェーデン民主党以外の議員は、国会の習慣を維持しながら一つの工夫を考えました。 議長と副議長は普通なら、国会議員が皆で声を出して賛成するかたちで決まるのですが、スウェーデン民主党の議員が副議長になることを妨げようとする左党は例外的に非公開の投票を求めました。その投票はとても時間がかかりましたがスウェーデン民主党以外のほとんどの議員は白票を入れました。スウェーデン民主党の候補者を支持しないことを表すことができました。 しかしスウェーデン民主党以外の候補がいなかったために結局は国会の伝統通りに第2の副議長はスウェーデン民主党の候補者に決まりました。

Posted in 選挙, 国会, 投票, 政党, 政治 | Tagged , , , , , | Leave a comment